◇◇◇ジャパングランプリその2

  • 2018.08.11 Saturday
  • 00:11

こはるちゃん、まさかまさかの予選通過!!

本当に良かった。あの素晴らしく美しいバレリーナの中に彼女がいたこと、、可能性を新たなスタート地点に乗せることができたこと、、本当に嬉しく思います。


ワークショップでのバレリーナたちの美しさに、やはり、まだまだこれからだね、でもだれも初めてを経験しないとスタートしないからね、、神様は今のあなたに必要な試練を与えるからね、、などとほぼほぼ消極的な想いでその時を待ちましたが、、。

まずは目標にいち早く近づけたこと、とにかく意識の高いバレリーナたちと空気をともにできたことの有り難さは、何とも言えない喜びでした。


明日は決選。

思いきってたくさん学んできてほしいと思います。


決選進出者のファイナリストクラス、、舞台上での留学の可能性をみられるワークショップは

本当に目の保養。

バレエに適した美しいスタイル、当たり前にあがりキープできる足、さらにリズム感たっぷりの優雅な動き、、心配は耐えませんでしたが、よく頑張っていました。たくさん説教もしましたが、ほんの4、5日で本当に成長しました。

その成長をまた教室に持ち帰り、影響を与えられる人になってください。


しかし、気持ちのよい景色だった。



◇◇◇ジャパングランプリ

  • 2018.08.09 Thursday
  • 13:26

ジャパングランプリ参加で東京にきています。


7日にはじまったワークショップから3日め。

今日もこはるちゃん、ワークショップにさきほど、一足先に出かけました。


昨日は予選。

素晴らしいバレリーナたちに混じってよく頑張っていましたが、まわりが素晴らしいばかりに身も心もまだまだヨワヨワ、アマアマな部分が

目について目についてギリギリまでダメ出し。

ワークショップ二日めの様子と

ダメ出しで本番直前なのにテンション低⤵な表情(笑)

しかし、彼女らしく本番終えてくれました。


このところグンと成長しているので、身の丈以上かと思いながらも勇気をだしてチャレンジしました。

素晴らしいバレリーナたちと空気を共にできて本当に良かったです。今日もたくさん吸収してね、と思いながら、今から私も会場に向かいます。

ここまでくることができたのも彼女の前向きで素直な努力の成果。

あとは明日の予選通過結果発表で、願わくばもう一度この景色の中で踊れたら有難いですね。



◆◆◆ 初トウシューズ

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 12:13

 

長らくの待ち遠しい日々を辛抱して辛抱して、

やっと昨日4年生がトウシューズをいただきました(^^♪

 

 

履くタイミングの遅さに焦りのあった人も

いたようですが、

トウシューズが履けるのには個人差があるので

仕方ありません。

これからやっと始まるバレエとの永い生活の中で

トウシューズを履く時期はとても大切だからです

 

それでもだいたいトウシューズを初めてはく頃は

まだ足首も足裏もまだ弱々です

せめて履くことによって、

弱い部分の強化に繋げるだけの他の部分の力を使えるくらいに

成長していなければいけないのです

 

そして、やっとやっと昨日・・・と

なったわけです。

 

皆、大喜び・・今の子なのかうちの子なのか、期待していたほどの

リアクションは見えなかったのは、またしても残念で仕方ありませんが、

ニヤッと嬉しそうに微笑み顔をみあわせてた皆を先生たちは見逃さなかったよ(笑)

もっともっと表現してほしいな〜

どんな場面でも思うことですが・・

 

記念に残る初トウシューズ

 

img1532392675399.jpg

 

そして、昨日

バレエデビュー! といっても過言ではない

やっとやっとスタートしましたね

 

もちろん小さい時からの訓練がなければこの日はなかなか来ませんし、

来ても履きこなせるまでには時間がかかります。

おかあさん、お父さんに感謝してくださいね

 

さあ、これからさらに頑張ってくださいね

 

 

 

 

◆◆◆新入生

  • 2018.07.21 Saturday
  • 22:22

発表会が終わり、7月

二人の新入生がありました。

どちらも幼児ちゃん

ほのちゃん(南千里)とあみちゃん

 

可愛くて

本当に

おばあちゃん気分です

 

どんなバレリーナになるかな〜

 

楽しみ(#^.^#)

 

img1532178890053.jpg

◆◆◆猛暑の中舞台三昧

  • 2018.07.16 Monday
  • 13:51

 

危険な猛暑の3連休・・ですね。

 

土曜日は通常

そして昨日15日はティンクの本番でしたので

一日中会館の中で暑さもないのですが・・・

20180716_135910.jpg

 

今回は早替えがたくさんあって

写真1枚撮ることも忘れてました

ティンクの卒業生たちがみな大人になって

6、7人 そして各先生の助手たちうちも含めて

7人くらい?と私たちセンセイ・・

たくさんいたのもあり何とか間に合ってよかった。

素敵な舞台のお役に立てて今回も

本当に嬉しかったです。

 

 

今はふだんバレエからはなれているというのに、

卒業生たちの機転のきく仕事の早さはもちろん、

何より主役なのにすべての生徒の動きを把握して

的確な指示を出せる葉月ちゃんには

リハーサルに伺ったときから感心していました

そこにいないゲスト(男性)先生の立ち位置や動きまで

全て彼女がやっていましたから・・

それが普通で育った幼い子供たちは、自分のやるべきこと、そのうえで

次にすべきことが分かって動けている。

どんな小さい子まで

本当にしっかりしていました。

例えばこちらが声かけしないでも

必要な時に的確な人をつかまえて、

「○○してください。おねがいします。」「ありがとうございます」

が自然体でできる。迷いなどどこにもない。

迷ってる暇もないが(笑)

反対の立場がわかるからできることなんだということが、

見てわかります。

 

 

こういうところに

『人間力』

の存在と、これしかない

私たちのこの世界の素敵さ

と価値を感じ、誇りに思います。

生徒にも話していますが、

コンピューターやロボットでは

代わることのできない

財産です。

ファッションモデルでもロボットがこなしてしまうという将来、

 

残していきたいですね

『人間力』『人間味』

 

 

話はそれましたが、

こういうすべての背景、いや土台が

本番思わず拍手したくなる、あの

『ドヤ感』(笑)につながるのだということ・・

理由がきちんとありますよね。

いつものことですが、舞台袖手伝うものは、自分が踊るより100倍も疲労した良い経験

(櫻子先生は初めての時、熱を出しました(笑))

を機会に、自分たちが「よかったよ〜」といわれた

舞台の裏で、これだけの人の助けがあったことを感じることが

できるのですね。

そして、それが自分が踊るということの

責任感 = 本物のドヤ感 に繋がっていくのですね。

 

 

全ての人に伝わるとは思っていません。

 

 

踊りにしても、仕事にしても、

自分が体験し、感じたことが

言葉や感覚で

伝わっていくことのひしひしとした喜びは

伝えたいことがあり、伝えたいと思う人間にしか

わからないものだと思いますね。

命令することは簡単な事ですが、そこに喜びはありません

けっして命令ではない何かを生みだして

いけるのは自分自身でしかありませんよね

 

 

色々な人や場面に直面するたび思う。

踊りも、仕事も、与えられた時は

自分が試されているときです。

自分を広げるチャンスです

その瞬間は可能性を見出されている、

素敵な時だということ。

 

 

 

色んな事が

大切な事だったんですね。

年齢を重ねると

納得いくことばかりです。

 

 

いろいろ感じることがありました。

舞台袖にドラマがある舞台は

必ず前から見ても素敵だったと

感じられます。

 

 

良い舞台裏、舞台でした☆彡

 

 

 

先生、おめでとうございました〜

ティンクの皆さん、お手伝いの皆さん

おつかれさまでした〜

 

そして今回も貴重な一日を

ありがとうございました!

 

暑い中たくさん応援に来てくださった

皆さんもありがとうございました。

よい経験が出来て本当によかったですね。

 

 

 

そして、今日はいまから神戸に行ってきま〜す!!

 

暑そう(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆ そしてまたスタート

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 12:33

 自然災害が日本中を覆い、大変なことになっていますね。

地震からこちら、人間の力ではどうすることもできない

自然の恐ろしさ、強さに驚愕するばかりです。

被害にあわれた地域の皆さん、方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 

 

さて、そんな中、昨日よりまたバレエスクールの次の一年が

有難くもスタートしました

地震と豪雨の合間に執り行われた生涯一番感謝すべき

25周年記念の発表会

それぞれの心に多くの想いが生まれたのではないかと思います。

忘れないでね、ずっと。

 

 

 

 

 私がバレエの指導者という立場なって30年以上の年月が流れますが、

年々、「先生」という人の気持ちがわかってきます。

いまさら?みたいに聞こえますが、さらにさらに・・です。

 

子育てと似ていますね。

日々変化し、成長する子供の前で、親という生き物が

一生完結することはない・・のととても似ています。

 

生徒のおかげでまだまだ成長できる自分を

とても楽しんでいる私がいます。

毎日が違い、絶対に

仕事・・として割り切れるものではないこの

仕事が私の生涯の趣味であり、仕事です。

ほんと今更ですが(笑)

 

大きな仕事を終えた後は

やはりリセットの時ですかね。

いろいろ思います。

あえて、考えるのではなく、、思います。

 

さあ、今日が一年先の自分のスタートですよ!!

そしてこのスタート一日目の基盤が

発表会の練習期間に育っているのです。

終わったのではなく新たに始める為の発表会ーーー

 

と、自信もって言えるんだけど、

同時に脳裏に浮かぶのは

なぁんてこと、その昔、深く考えたことは一度もなかったなあ、

目標なんて、掲げたこともなかったなあ・・(笑)

そしていま、ここにいる不思議

 

答えがあるとすればたったひとつですね

 

 

スタートに先駆けて

7月7日の夜、役員さんたちとの打ち上げ会。

今年はちゃんと早くに楽しい時間を

持つことができました。

本当に真面目に一丸となって協力、応援してくださった方々・・

発表会の成功は、こういうところにも理由がちゃんとありますね。

感謝いたします。

25周年おめでとうのケーキのサプライズや

何より、白鳥モチーフのネイルにはびっくり!

嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

 

img1531187890516.jpg

 

 

そして、しっかり食べて、たくさん呑んだ(笑)

次の日7月8日は

朝から奈良のティンクの発表会のリハーサルに・・

客演する櫻子先生に便乗し、先生のお顔見に、件お手伝い。

可愛いバレリーナたちが頑張っていました。

皆さんにとっては一番大変な時だけれど、

まだこれからか、いいなあ・・・と少し。

 

img1531186021195.jpg

 

7月15日 なら100年会館、

「くるみわり人形」です。

 

櫻子先生は、この間うちの発表会でお手伝いくださった

真胡先生、祐実先生とともに客人で出演します。

そして今回お手伝いさせていただくのは

櫻子先生に加え、あかりちゃんと京香ちゃん

今度は私たちが舞台裏で早替え手伝い

舞台の成功を左右する貴重で責任重大な立場です

頑張ろう!

 

私たちの発表会にもたくさんの生徒さんが観に来てくださいました。

お時間のある方は、ぜひ、たくさん観に行ってあげてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆ みんなの成長が嬉しい

  • 2018.07.06 Friday
  • 01:28

 

 発表会が終わって約一週間が経とうとしています

 

日々残務は尽きず、まだまだどこまでも

あの空気を引き連れて歩いている毎日は、とても幸せです

このひと時の為に

あの長い苦闘の日々があったのだと

思える一年間で一番良い時間を過ごしています

 

発表会の次の日はいつもお衣裳返却日

何百着のお衣裳を

高校生以上の生徒達で

主にレンタル先別に分けて返却する作業です

今年も私が入るくらいの段ボール箱が

10個以上・・

 

今年こそ・・と思って皆頑張ってくれてるのだけれど

先ほど一つのレンタル先から連絡あり、

別のレンタル先のものが、入っていたようです(-_-;)

何だろう・・

たまにあります

等々・・残務は尽きません

ま、嬉しいことですが

 

で、その日皆は発表会の感想文をくれます

これ、また長年の習慣で

私と生徒たちのコミュニケーションのひとつです

 

20180706_020754.jpg

 

可愛い幼児ちゃんのお手紙から大きい子まで、それは

いつも楽しみです

お母さまからのものもあります

 

やっと3日かかって読み終えましたが

特に今年の「白鳥たち」の成長は素晴らしかった

封をあけて彼女たちの世界に飛び込むたびに

大袈裟ではなく

涙がでました😢

 

正直ここまで想いが成長していたとは

思いもよらず・・

なによりもその筆圧とスピード感

さらに枚数の多さ(笑)

文も上手になってる

人間、言いたいことがたくさんあると

本当に文面が力強く、美しくなってくるものです

これはほかの催しの後の

お手紙でも感じますが

その子の成長の瞬間ですね

 

 

想いを伝えたい!!

が封をあけたとたんに飛び込んでくる感が

嬉しくて仕方なかった

私の若いころを思い出しました

先生に想いを伝えたくて伝えたくて必死で

お手紙を書いたなあ・・

 

 

それもほとんどの「白鳥たち」が、ですから・・

もう、自分の後悔や反省ばかりの文面ではなく、

想いと希望がつまった

力強い内容からは

改めて私という存在価値と

信頼関係を感じ、本当に嬉しい時間でした

 

 

その想い、そのままにこれからも共に歩ければ

良いと思いました

素晴らしいコミュニケーション

すでに一歩先に新たな希望が

生まれた発表会休みです

 

ありがとう・・

来週からまた、次に向かって

 

頑張ります!!!

 

 

 

 

◆◆◆ すべてに感謝

  • 2018.07.02 Monday
  • 23:23

 

30日、おかげさまで無事に25周年記念発表会の幕を降ろしました。

本番10日前に思わぬ出来事に見舞われ、一時は歩みがストップしそうになりましたが、

神さまが私たちにチャンスを与えてくださいました。

そのチャンスはは絶対に無駄にしてはいけないもの、

二度とない宝物でしたから、

言わずとも、さらに皆、一つになることが出来ました。

 

会場が変わったというのに、

沢山の観客の皆さんとたくさんの拍手、幸せでした。

本当に皆さんありがとうございました。

 

大声で怒鳴らないと本気が出せないうちの甘えた生徒たち、

自分でできるように・・といつも説教してきたし、落胆するくらい

だったけれど、

叱って叱って、あれだけ頑張れるのなら、

これからもずっとずっと

叱り続ける覚悟をしようと思いました。

 

そして、これをステップに

さらに皆さんに楽しんでいただけるような

舞台を創作していきたいと思っています。

 

 

さらに、今年もM氏の素晴らしい照明で

私たちは生まれ変わることが

できました。

 

img1530536814545.jpg

 

img1530537236897.jpg

芸術とは本当に素晴らしいものです。

音楽と踊りとそして照明と・・すべての融合が芸術ですね。

何よりも芸術はお客様の為のものでなければなりません。

観客無くして芸術は芸術とは呼べないのですから、、、

少しでも近づきたいと思います。

 

 

そして、これは皆からの25周年記念のプレゼント

スワロフスキーの白鳥です。美しい。

 

20180702_113108.jpg

 

それから、今回のリハーサル風景を素敵な額におさめてくれました。

 

20180702_113507.jpg

 

当日楽屋には、こんな思いやりも・・

役員さんいつもありがとうございます。

ほっと、心が温かくなります。

 

20180702_131919.jpg

 

そんなこんな全てに感謝します。

 

皆さん、心よりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

◆◆◆いよいよ・・

  • 2018.06.29 Friday
  • 12:41

 

この10日間いろいろあったけれど、

いよいよ明日本番

今日はこれから、いたみホールでのゲネに向かいます

 

さあさあどんなことになるか・・

楽しみなようで

とっても不安

 

稽古場での顔、顔、顔、顔・・・

 

やっと出かける前に無事にアップできました!

皆に心配かけたから・・

よかった!

 

さあ、頑張ろう!!

 

img1530235427637.jpg

img1530244424436.jpg

img1530236298891.jpg

img1530243900609.jpg

img1530242433020.jpg

 

 

 

 

 

 

◆◆◆ 今日も頑張った

  • 2018.06.23 Saturday
  • 01:08

新たな目標が決まってから、

あわただしい毎日です。

 

今日は いたみホールに打ち合わせ

その前にChacottさんとの打ち合わせが午前中に

スタジオであり、30分遅れでいたみホールへ。

ごめんなさい。でも監督が先にそちらの方の

打ち合わせをしてくださっていたので少し助かりました。

 

いたみホール・・・

観客として訪れたことはあっても

まさか利用するとは思ってもいなかった

思った以上に素敵なホール

皆びっくりすると思います。

 

しっかり踊らないと

恥ずかしいよ(#^.^#)

ほんまに

 

そのあと

25周年のスタッフ打ち上げ会場も

きまり(びっくり!)

本当にこの何日かは

神さまがおられます。

 

それから恩師のところへ報告に

、そしてメイシアターに・・・

 

とても有意義で、でも本当に疲れた一日でした。

足が棒・・・

 

本番1週間前の行動ではありませんが、

だれを恨むでもない

 

天災は人間が勝てるものではないのだから

だから備えは、危機感は本当に大切なんだと

当然思うのだけれど・・・

しかし、それを責めるだけのものが私たちにあるのかと・・・・

振り返ってみなければならない

大切な大切な

機会なんだと、

皆が感じるべきだと私は思います。

思いました。

皆皆、大変なんだ・・

だから頑張るしかないんだなと。

 

昨日久し振りに生徒の顔を見た

 

生意気でどこか自己中で

どうしようもない(と私は思っている)

生徒たちが

昨日はちょっと違って見えた。

 

単なる想いの違い、が

やはりこんな時には表れるのだね。

素直な自分は何よりも美しいよ

 

すぐに忘れちゃうんだけどね、

皆は幸せだから。

 

でも

“天災は忘れたころにやってくる”

今の思い、感じたこと、忘れない自分でいてね。

 

うちの生徒は律義すぎるくらい

あいさつをします。

いや、私が怖いからだな・・と

いつも思うけど(笑)

 

昨日、高校生以上の生徒達が大勢

いつものとおりと思えばいつもの通りだけど、

一人ひとり私のところへ

“おはようございます”

とあいさつにきた。

なぜかいつもより大切に思った。

そして、一人一人の目をみながら頭を下げていると

終わりの方になったとき

少しこみ上げるものがあった

 

大切な瞬間を与えてくれた

出来事に

感謝したいと思った

 

皆で本当に良い舞台を創りたいと

思った。

 

さあ、本当に1週間ですね

まだまだ信じられないけれど

やるしかないね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM