;◆◆◆舞台を観るということ

  • 2017.10.16 Monday
  • 23:58

 

10月になってから2つの舞台を観る機会がありました。

 

地主薫バレエ団

20171016_233234.jpg

 

法村友井バレエ団

20171016_233324.jpg

 

どちらもそれは素晴らしく、観ることに恵まれた生徒たち、

保護者の方々は幸せで豊かな時を過ごすことができたであろうと
喜んでいます。

 

地主薫バレエ団の「卒業記念舞踏会」は

私たちも発表会で演じたばかりの作品で記憶に新しく、

資料がほとんどないこともあり、良いものを観せていただけたことには

感謝ですね。「韃靼人の踊り」の土色をした迫力と美しさは、

劇場に足を運ばなければ感じることはできません。

ありがたいことでした。

 

法村友井バレエ団は創立80周年記念公演ということで

作品や踊り手の素晴らしさはもとより、

歴史あるバレエの奥深さを生徒たち、保護者の方たちに感じて

もらうことが出来、本当に良い機会でした。

 

まだ髪の毛をアップすることもない、水色の「お稽古着」

を着た少女たち(まるで昔の私ですちゅん)からスタートする「未来へ」は

私の記憶を遠く深く呼び起こし、同時に映し出される

白黒の昔の写真には、すでにお亡くなりになった先生方、

中には数年前にお別れした私の恩師も何度となく登場し、
幕開きから涙があふれたままでした。

あちこちで観客のすすり泣きも聞こえ、長い歴史を

繋がれた先生方、さらにそれを共感できる仲間たちの

多いことにまた感動を覚えた貴重なひと時でした。

 

 

舞台を観るということは

これらのすべてを含むことです。

 

数年前のプログラムのご挨拶にも記したように

特に昔のフェスティバルホールの印象は

幼いころの私の心に深く刻まれています。

バレエの公演を観に行く日は特別な日。

いつもより少しおしゃれをして、

レースの靴下に黒いエナメルの靴をはき、

その足が埋まるほどの赤いじゅうたんの床を

歩いて劇場の扉を開けた時の

涼しい匂い・・・

今も覚えている。

 

そんな特別が、今も私の

いつまでも簡単に手の届かない

バレエの価値観なのです。

 

ある人がどれだけ素敵なバレリーナに

なるかは、どれだけ本物のバレエに

触れたかだとつくづく思う日々です。

観ることが私たちを育ててくれた

本当に古き良き時代でしたね。

 

 

心豊かな時間をほんの一部の皆さんとではありますが、

共有できたことに心より感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

;◆◆◆美しい今日・・

  • 2017.10.01 Sunday
  • 01:35

今日を最後に、ジュニアBのAちゃんが、スクールを去りました。

こんなことは、めずらしいことではないし、

いままで話題にすることもなかったのだけれど

久し振りに心に残る出来事だった。

 

今日が最後と思ったのだろう、バーを両手で持って

ウォームアップを始めてすぐ、涙をこらえようと思ってももこらえきれない

友人たち。泣きながら始まった今日のレッスン。

私はもともとプリエの音楽が本当に泣きたくなるぐらい好きなのだけれど、

ウォームアップとプリエの音楽が今日ほど美しく感じたことはなかったな。

泣きながらレッスンをする生徒たちと音楽のコラボレーションに、

思わず涙がこぼれそうになる自分をこらえ、いつもの先生でいましたよ。

怒鳴っていなければ先生は先生でなくなってしまいますから。

 

上手になるとか、そんなことと別のところで

たった7年の月日の中で、バレエをとおしてこんなに素敵な関係が生まれていたこと、

本当に嬉しいと思いました。

先生をやっててよかったと心より思えた今日の日でした。

この時代に本当に大切なものを残せた気持ちになれました。

そんな皆がかわいくて仕方なかったです。

 

新しい道で頑張ってゆこうとするAちゃん。

選んだ選択肢はきっと間違っていないはず。

これだけ皆に慕われている彼女ならではの

前向きで潔い選択に、拍手を送りたいと思う。

 

しかし・・永い人生、どこかでまた「縁」があれば

またもう一度会いたいと思います。

 

きらきら輝く人生を送ってください。

私たちもがんばりますね。

 

美しい一日でした。

 

Good  Luck びっくり

 

 

 

 

 

 

;◆◆◆TOKYO大好き♡

  • 2017.09.22 Friday
  • 03:54


20170918_090518.jpg

 

とあるホテルの40階からみたTOKYOの街。

ビルがひしめき合ってるとはこのことですね。

あまり綺麗だとは思わないけど・・

台風一過のこの日のように、遠く雲のかかっていない富士山や

横浜のランドマークタワーまで見えることは滅多に

無かったそうです。

 

TOKYOと書くと昔流行ったTOKIOを思い出すなあ。

青春時代だなあ。

TOKYOは好きだな。

いつかとうとう隠居する時があるとすれば(笑)

私は東京で暮らしたいと思っています。

 

今回はブロードウェイミュージカル「ファインディング ネバーランド」

を追いかけて行ってまいりました。

 

20170922_025522.jpg

 

物凄く感動し、一幕から涙がとまりません。

私がこんなにも「ピーターパン」が気になる理由を発見した、

ピーターパンの物語が誕生したバックグラウンド。

素晴らしいひと時。

 

素晴らしい、観客のスタンディングオベーション! だった。

 

1506015987413.jpg

 

 

東京には大阪にないものがある。また大阪には

東京にないものがあるのだけれど、

この歳になって、さらに東京が好きだなと思えること、

街並みをいつまでも見下ろしていられること、夜景に感動できること、

バレエやミュージカルを楽しめる事、素敵なホテルで美味しい食事が

できる事・・・等々

東京の人のゆっくり流れる時間の感覚がとても好きです。

 

この歳になってからこそ手に入る『自由』を心から

嬉しく思うとともに、感謝できる今日この頃。

ピーターパンにあらず、私の中に眠っていた、眠らされていた

好奇心や子供心に出会える場所が、私にとってはここ、TOKYOです。

 

 

さらに次の日には、知る人ぞ知る、

姪っ子の輝かしい「乗船」を観てまいりました。

ちょっと前まで、天井に顔をむけて、ぴょんぴょんジャンプ

していただけなのに、本当に子供の成長は本当に恐ろしい。

 

img1506016891078.jpg

 

帰りに名古屋に途中下車。

先月の治療の1ヶ月検診に・・

で、

また現実に舞い戻ってまいりました〜

 

 

 

 

;◆◆◆皆! バレエ忘れてない?!

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 21:39

 今年はお盆休みも返上で皆もご家族も頑張ったので、発表会後は

バレエは夏休み。

 

皆、そろそろ身体動かしたくなってきたのでは?

 

たまにはバレエ忘れるくらい楽しんでくれてよいよー、と思うのだけれど、

年末年始並みのお休みが続くと

皆、バレエ忘れてない?!

とちょっと心配になってきました(笑)

 

upし忘れていた

「良い表情」シリーズ

1504096706021.jpg

 

すでに懐かしくなってしまったねしみじみ

 

 

 

先生はコンクールがあったのでずーっとバレエと

一緒でしたが、実は同時に名古屋で網膜裂孔のレーザー治療Docomo_kao20

名古屋出発前日に見つかり、すぐっ!って言われ・・・

ちょうど午後に手が空く日が多く、名古屋で受診することができました。

 

 

安静・・いわれながらよく歩いた5日間でしたが、

元気でおります。

 

 

で、昨日、今度は歯医者さんでまさかの抜歯kyu

これは、今日も腫れてます(´;ω;`)

 

 

まとめて治療、医者巡りの休暇( ;∀;)

そして残務の合間に安静、安静・・・

 

 

今やバレエ以外にこれといって趣味もない私には

特に苦ではありませんが・・。

 

 

いやいや、いえいえ皆はまだまだいろんなことに

興味を持って人間としての幅を広げてくださいよ。

それが力になり、あなたの引き出しになるのですからね。

もちろん先生もいろんなことをやってきて

今があるのですよ。

 

 

バレエに没頭するのは良いことですが、まだ成長期に

ほかのことに興味を持たない、持てない環境に身を置こうとする人の

話を最近よく耳にしますが、はっきりいって

これはあまり賢明じゃないな、と

私は思いますので・・

 

 

バレエをずっとしていく人は、よほどバレエに特別な才能があって

プロを目指せる人、目指すべき人以外は

3つ以上のことを同時にこなせるくらいの能力が必要です。

 

 

うちのカンパニーたちも皆そうです。

いろんなことが両立できなければ、

永い間バレエなんか続けていけるわけがありません。

永遠にバレエを語り、感動し続けていけるわけがありません。

バレエをする理由を胸を張って言えるくらい

ほかのこともできなければ

他人を説得する力もありませんね。

近道を選べば選ぶほど、その瞬間から

舞台人としての魅力は減少してゆきますね。

 

 

ただその場を楽しむだけの人生ってのもね、

結構なことだけれど

もったいないですね。

たった一度の人生・・。

 

 

ここまで生きてきて言えることです。

 

 

と、話、とってもはずれました(;^_^A

すみません

 

 

まあ、身体弱ってる時って

頭冴えます。

もともと勉強嫌いじゃないですから。

答えを出すことは好きですし、

答えをだそうともがき苦しむことが

人生の醍醐味であり、人としての

魅力だと思いますから。

 

 

ということで、

 

 

安静って何かわからないので困りますが、

感動をし続け、与えることが、私の幸せ幸せ

私の決めた生きる道なので

まだまだ元気で頑張るために

おとなしく休息しますね。

 

 

数日後に皆元気でおあいしましょう〜

 

 

明日、発表会の全景ビデオが届くようです。

楽しみ・・

 

少し安静にできそう。

 

 

 

 

◇◇◇in nagoya 最終日です

  • 2017.08.27 Sunday
  • 23:17
rps20170827_230711.jpg
、5日目。
高校生決選、男子決選。
そして、表彰式。

ジュニアA(小学生)部門
 辻本小華
 CBCテレビ賞(5位)

 関岡美結莉
 三浦唯花
 入選


ジュニアB(中学生)部門
 徳田奈穂
 大須ういろ賞

ジュニアC(高校生)部門
 森田くるみ
 チャコット賞(10位相当)
 森田あずき
 大須ういろ賞

男子ジュニアB
 藤川響太
 入選 

 いただきました。

それぞれに成長があったこの
5日間。
意義のある名古屋でした。

発表会が約一週間前とは思えない時の流れ。

また、心新たに、次の目標に向かい、頑張ります❗

今日はやっと少しゆっくり
寝ることができます。

明日から現実、、、
発表会でいただいた沢山のお花や、楽屋見舞いで足の踏み場もない居間の片付け、
プラスまだ済ませていない、
経費の精算など、まだまだ残務は後をたちませんが、
あと数日の休みですべて片付けて、またスタートします。

有意義な数日間に感謝😌😌

 

◇◇◇ジュニアAB決選

  • 2017.08.26 Saturday
  • 21:25
rps20170826_210110.jpg
小学生、こはるちゃん、
中学生、なおちゃん
の二人が入賞枠に入りました。よかったね。

ここ数日、いや名古屋へきてからの二人の集中力には
正直感心していました。
そんなときには、ずっと言われていても思うようにならなかった癖が、たった一言のアドバイスで、言葉で、変わる。
何より心が変われば踊りが変わる。

集中力とピュアな欲の持つ魔法ですね。
ピュアな心に、神様はいるのです。

こちらもどうしても伝えたい、と思いましたし、、、

どんな賞になるかは明日のお楽しみですが、
少なくとも、一歩前進した二人。
本当に嬉しいです。

明日はジュニアCと男子の決選です。

◇◇◇名古屋三日目

  • 2017.08.25 Friday
  • 22:06
rps20170825_214609.jpg
ジュニアC 高校生の部
二人とも予選通過です。
よかった、よかった。

高校生ともなれば、どこか根付いたもの、強さや安定した技術、心身ともに主張のあるいわゆる表現力の幅は、
昨日の中学生と大きく変わってきますね。

また、3日間とおして、基礎のしっかりした綺麗なバーレッスンをしている人が、本当にたくさん目につきました。

明日はジュニアABの決選です。

また頑張ります。

◇◇◇ナディアパークも

  • 2017.08.24 Thursday
  • 22:28
rps20170824_215418.jpg

◇◇◇追加

  • 2017.08.24 Thursday
  • 22:21
rps20170824_215353.jpg
肝心な写真がおくれてません。

◇◇◇名古屋二日目

  • 2017.08.24 Thursday
  • 22:18
rps20170824_215501.jpg
今日も朝一番から中学生の審査でした。 
無事、予選通過、明後日決戦です。もう一度踊れてよかったね。

審査はお昼までに終わり、審査結果19:00というので、
昼から、久しぶりに自由時間いただきました。

少し離れた、懐かしい場所でお昼を食べ、
とある理由で明日、サングラスが要るので、まずそれを購入。

本当に久しぶり、自由な時間を数時間過ごすことができました。こんなことは年に1回あれば良い方です。
後に何もない、家に帰らなくても良い、、、そんな時間は絶対といってよいほどありません。
貴重でありがたい、数時間でした。

もう長い間、参加していないバレコン名古屋の会場のナディアパーク。あの頃いつも泊まっていたホテル。
なつかしいー。
あの頃のコンクールは今よりもっと厳しかったのか、予選とおるのがやっとで、準決選にすすめても、決選にいけることはたいへん難しかった。

しかし、いま思えばそれはそれで力になり、楽しむこともできた。
時代というものはほんの数年で本当に様変わりしてしまうものですね。ついていくことが難しい。
長い間、踊ったあとに点数がでるようなコンクールにはでていないなぁ、、。
なつかしい、、の一言の
今日の午後でした。

さぁ、明日も朝一番から高校生の審査です。
頑張ろう!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM